PassMe に Bluetooth

USB 接続の Bluetooth モジュールをバラしてつないじゃったようです。すごい。
natrium42 - Weblog » Blog Archive » Bluetooth module tested
→Serial - Bluetooth モジュールですね。写真の USB アダプタの中身ではないようです。
BlueSMiRF という製品らしい。設定とかどうやるのか気になったけど,AT コマンドでやるみたい。
http://www.sparkfun.com/shop/index.php?shop=1&cart=333298&cat=1&itemid=400&
http://www.sparkfun.com/datasheets/RF/BlueSMiRF_v1.pdf

| | Comments (0)

アップル - Mac mini

アップル - Mac mini ,iPod効果や Cube 型べアボーン人気やらで,もう,バカ売れの予感。
ジョブズがちゃんと G4 Cube の後継機種相当(と思う事ができるモノ)を出してくれたことに感謝。以下は G4 Cube 生産休止当時の記事。

米国報道発表資料抄訳:アップル、Power Mac G4 Cubeの生産を休止:

将来的には、再びこの独創的なコンピュータをアップグレードされたモデルで発表することを検討していますが、現段階ではその計画はありません。

で,かなり欲しいけど,まだ買い時ではないような気がする。

| | Comments (3)

DVD マルチドライブ内蔵

先月,spirica の BBS に書いた記事をベースに書いておきます。

Uj-815Uj-815-Ide-If

リンクシスのNV- 7135CBに同梱されている UJ-815 ですがNV-7135CB 付属の IDE コネクタ変換パーツ(右の写真奥)とspirica 製 マウンタを組み合わせて付けてみました。

NV-7135CB についている IDE 変換パーツはIDE コネクタと電源以外に,Master/Slave 設定ジャンパがあります。

で,UJ-815 を Slave にして接続したところOS X のシステムプロファイラで UJ-815A として認識されました。
(Masterにすれば815Bなんだろうか...)

その後,PatchBurn II を使う事で iアプリケーションから問題なく使えています。

NV-7135CB についている IDE 変換パーツはMater/Slave ジャンパがあるのも都合がいいのですがそれだけでなく IDE コネクタの向きが,純正 DVD-ROM と同じ向きなのでIDE ケーブルの折り曲げが元のままで OK という利点もありました。
spirica マウンタ + 7135CB(ドライブとIDE変換パーツ) はオススメです。

| | Comments (0)

optusb 1.01 を修正

西田さん作成の optusb (オプティマイズさんのブートケーブル USBを使って GBA のプログラムを転送するコマンドラインプログラム) の修正版を公開した。
optusb for Mac OS X

#転送するプログラムのサイズについて,上限下限を正しくした,つもり...。(修正の必要はないかも知れない)

| | Comments (0)

samba に脆弱性

NetBSD の ja-samba パッケージを使っているんだけど
今朝 audit-packages でセキュリティ問題が検出された。

Package ja-samba-2.2.9.1.0 has a remote-code-execution vulnerability, see http://www.samba.org/samba/whatsnew/samba-2.2.10.html
で,早速 pkgsrc を cvs update して make update。
メンテナンス楽ちんでありがたや〜。
ちなみに Mac OS X に載っている 3.0.x 系も問題があるので,近いうちにソフトウェア・アップデートで対策版が配布されるでしょう。

| | Comments (0)

Mac OS X で ugbabtc をビルド (4)

ugbabtc のパッチですが,塩崎さんに取り込んでいただきました
Mac OS X で無事ビルドでき,動作しています。Mac OS X で ugbabtc を使う場合は Version 0.7 以降を使いましょう。

| | Comments (0)

Mac OS X 用グラフィカル DIFF

mgdiff とか gtkdiff とか WinDiff のようなものが Mac OS X にもないかなぁ
と思って調べたら,ちゃんと開発ツールに入ってた。
/Developer/Applications/Utilities/FileMerge
filemerge
いいですねー。

| | Comments (0)

Mac OS X で ugbabtc をビルド (3)

塩崎さんの ugbabtc を最新の libusb を使ってビルドするとうまく動かない事が判明。
CVS 版 libusb をインストールした状態で, usb_claim_interface() を呼び出す処理が必要。

Continue reading "Mac OS X で ugbabtc をビルド (3)"

| | Comments (1)

Mac DVI 表示不可事件

なんか,全画面表示するプログラムを動かした後
G4 Cube に DVI 接続している液晶ディスプレイの表示ができなくなってしまった。
アナログは 0K。
で,色々試行錯誤した結果,以下のファイルを削除して回復した。
/Library/Preferences/com.apple.windowserver.plist

これによって,ログインウィンドウまでは表示されるようになった。
ただ,ログインすると,やはりブラックアウトする(ディスプレイが対応していない信号を出す?)
ので,/Homes 以下も調べたら ~/Library/Preferences/ByHost/ 以下に
com.apple.windowserver.何かのID番号.plist
のようなファイルができていたので,これも消して解決。
つらかった。

最初は,電源強制断するしかなかったので,ファイルシステムが壊れないか心配だったけど
結局大丈夫だったみたい。
途中から,ディスプレイをアナログ接続しておいて
システム環境設定の共有設定で SSH でログインできるようにして
(リモートログインを有効にして)リモートから修復。

やっぱ VNC もいれといたほうがいいのかな。

| | Comments (0)

ecto 1.0.5 からの注意

どうも,ココログで ecto を使って投稿する場合,ecto 1.0.5.x からは,環境設定のその他にある「HTMLエントリーをエンコードする(強く推奨)」のチェックをはずしたほうが良さげですね。
普通に使っている分には困らないんですけど,ecto のプレビューでタイトルが HTML エンコードされちゃうんで。
(うちも,3月後半のエントリの日本語文字部分が HTML エンコードされてます。)

Continue reading "ecto 1.0.5 からの注意"

| | Comments (0)