« NintendoDS マイクの使い方 | Main | めっちゃいじくった Linksys WRT54G »

PassMe に Serial Interface をつける

PassMe に Serital Interface をつける方法が紹介されている。
natrium42.com - Projects - Serial Interface
Bluetooth モジュールやら USB-Serial モジュールやらつけられそう。
CPLD の書き換えがいるのですが,オプティマイズさんのPassMeでもできるはずです。

簡易 JTAG ケーブル(Parallel Cable III 互換?)を作って,Xilinx の iMPACT で CPLD の書き換えはできました。
オプティマイズ製の PassMe についている JTAG のピン配列は,他の PassMe と同じでした。
Direct IO など(MBV2 等のパラレルポート接続のブートケーブルを使うため)Windows NT 系 OS においてパラレルポートI/Oにダイレクトにアクセスするためのドライバを入れていると Xilinx の ISE に入っているパラレルポート制御用ドライバと競合してしまうようですので注意が必要だったです。
パラレルポートの BIOS 設定はEPPにしてI/Oは0378-037F,IRQは7にして,Windows 側のドライバ設定で「ポートに割り当てられた割り込みを使用する」を選ばないとダメかもしれません。ポート番号(というかデバイス名?)はLPT1にするというのも重要かも。
シリアルの線も引っ張ってPassMeの裏側にコネクタも用意したのですが,まだ接続するデバイスが用意できていないので,シリアル部分がきちんと動作するか検証できていません。

|

« NintendoDS マイクの使い方 | Main | めっちゃいじくった Linksys WRT54G »

Comments

The comments to this entry are closed.