« NetBSD 1.6.2 正式リリース | Main | MIPS で ARM のクロス開発 »

G4 Cube 強化月間

最近,本業がめちゃくちゃ忙しかったのですがようやく落ち着きつつあります。
つーことで,G4 Cube の CPU と HDD を交換しました。
Giga DesignsG-celerator Cubeに,MaxtorDiamondMax 16 80GB です。

CPU は,一応 1.0GHz の設定ならば FAN less で動作可能ということで販売されている(いた)のですが,Accelerate Your Mac! のレビュー記事によれば,FANをつけた方がよい(20℃も違うらしい)とのことなので Giga Designs 純正の 静音 FAN を取り付け,1.2GHz で動かしています。他のアップグレード CPU で時々問題になっていたスリープから復帰できない問題も発生していません。

また,CPU の発熱,消費電力が増えそうなので,GeForce2MX に交換していたものを,より発熱の低い Rage 128 Pro に戻しています。Xbench の結果によれば,OpenGL や普通の GUI
描画だと Rage のほうが速いようです。
Virtual PC も結構実用的な速度で動作して,イイ感じです。

気を良くして,HDD も新調して OS X の再インストールからやっています。
ある程度のバックアップはしたのですが,それでもいろいろと再設定する必要があり,まだ完全復旧には時間がかかりそうです。

|

« NetBSD 1.6.2 正式リリース | Main | MIPS で ARM のクロス開発 »

Comments

最近更新が途絶え気味だったのでお忙しいのだろうと思っておりやした。
その反動で(?)ぐぐっと行っちゃいましたね。具合良さそうで。

ふと思うのですが、同じスピードで低燃費っていう方向のアップグレードなんかどうかと思うんですけどね。
ファンレスにできるとか、ノートならバッテリ駆動時間がのびるとか(のせかえ難しいだろうけど)。
iBook G4のバッテリが2倍長くもちます、あつくなりません、なんてのがあったら自分には面白いのになぁ。

Posted by: 33 | 2004.03.28 at 11:37 PM

現実的なところだと PowerPC 7457 の超低クロック版があればいいのかなぁ。

あとは組み込み用途の低消費電力版 PowerPC を使って
ピン互換なアップグレード(ダウングレード?)モジュールってのも
いいかもしれないけど,組み込み用途の PowerPC は
世代が古い(ですよね?)ので G4 用のアップグレードモジュールとしては
実現が難しいと思います。
そういう意味では,昔の PowerBook 用としてならありえるかも!?

Posted by: cube | 2004.04.01 at 12:08 AM

The comments to this entry are closed.

« NetBSD 1.6.2 正式リリース | Main | MIPS で ARM のクロス開発 »