« pre のテスト | Main | Mac OS X で ugbabtc をビルド (2) »

Mac OS X で ugbabtc をビルド

塩崎さんが公開されている「ugbabtc」オプティマイズさんの btcons_usb 相当)を Mac OS X でビルドしてみました。
まずは, 過去に書いた情報を元に libusb をインストールします。
その後,ugbabtc のソース(執筆時点での最新版は Version 0.5 でした)を展開し,config.h を修正します。
--- パッチここから ---
*** config.h.orig       Mon Nov 17 22:28:47 2003
--- config.h    Sun Jan  4 02:31:13 2004
***************
*** 33,38 ****
--- 33,47 ----
  #include <sys/endian.h>
  #define O_BINARY      (0)
  
+ #elif defined(__APPLE_CC__)
+ #include <architecture/byte_order.h>
+ #define htole16 NXSwapHostShortToLittle
+ #define htole32 NXSwapHostLongToLittle
+ #define le16toh NXSwapLittleShortToHost
+ #define le32toh NXSwapLittleLongToHost
+ #define __packed __attribute__((__packed__))
+ #define O_BINARY        (0)
+ 
  #elif defined(__FreeBSD__)
  #include 
  #define htole16 htoles
--- パッチここまで ---
あとは,塩崎さんの説明にあるとおり,btcons_usbのソースを展開する等,準備を整えて
make -f GNUmakefile
でビルドできます。
gobj/ugbabtc
が生成されるので,これを /usr/local/bin 等に sudo cp すればよいでしょう。

まだ ROM の書き込みや読み出しは試していませんが,少なくとも -H によるプログラムブートは可能でした。

|

« pre のテスト | Main | Mac OS X で ugbabtc をビルド (2) »

Comments

もっと容易に説明してくれますか?
F2A 256を使っています....MacOSXでF2Aへファイルを書き込むソフトなどがあればお願いします

Posted by: 豆 | 2004.12.27 at 04:33 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11543/71221

Listed below are links to weblogs that reference Mac OS X で ugbabtc をビルド:

« pre のテスト | Main | Mac OS X で ugbabtc をビルド (2) »